ハコスカそれはGTRできまり

ハコスカといえば、歴代のシリーズの中でも1968年〜1972年までの間販売されていたC10型のスカイラインのことですね。

その中でもGTRは1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定されて、スペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。最高速度200km/h。ゼロヨンは16秒という当時としては驚異的な性能を誇った。

GTRは他のグレードのハコスカと違い、大きくなったタイヤサイズに対応するため、リヤフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点です。これが凄くカッコ良かったんですね。

※(サーフィンライン:ボディー剛性を上げる為スプライン(折り目)を入れるのですが、そのスプラインをデザインしたも)

それと、ハコスカGTRは、ウィンドウシールド、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものではなかったんですね。リアの曇り止め用のプリント式熱線も付いてませんでした。

後は、モール類も装備されてなくてとにかく、余分なものを出来るだけ取り除き走りに徹底的にこだわったたんです。そして「スカイラインGTのレース仕様」それがGTRの特徴なんですね。

当時のハコスカGTRの価格は150万円。今日でも取引価格はそれを下回ることのない最も人気の旧車なんですね。

今でもたまに街で見かけることがありますが、とにかくカッコ良いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。