ハコスカGTRの変化を紹介

ハコスカGTRが1969年に誕生し、同月に「PC10型1800シリーズ」のハコスカが追加された。

このPC10型1800シリーズは、ローレルに先に行搭載のプリンス系直列4気筒OHC1800cc、G18型をハコスカに搭載したものになります。

※OHC:(オーバー・ヘッド・カムシャフト)

「スポーティS」という1800スポーティデラックスにGT装備を加えたグレードも設定されましたが、エンジンはシングルキャブのままだったんですね。

同じ年の10月にマイナーチェンジして、人気のスタイル、ハコスカ前期モデルの「ワンピースグリル」になった。

1年後には、ハコスカ後期が誕生しました。2ドアハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、2000GTシリーズ(KGC10型)に追加。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更されました。ハードトップはセダン対比でホイールベースを70mm短縮、運動性能がさらに向上した。

当時はハコスカが負ければニュースになると騒がれた、まさにGTRの黄金時代を築いた名車中の名車だったんです。50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」は、さらに有名になっていったんですね。

そしてハコスカ(箱型スカイライン)という通称も、すっかり定着。
憧れの車GTRは、若者の車人気を大きく後押した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。