ハコスカGTR魅力とは

ニッサン箱型スカイライン2000GT・2000GTR。通称ハコスカGTRの名を聞いて即ピンとくる方はおそらく30代以上だと思いますが、その中でもGTRは別格でしょう。

心臓部には、ニッサン全盛期のL型エンジンを搭載車種、チューンアップを好む方々からは絶大な人気でした。
(L型エンジンは重量があったのが唯一の弱点?)

足回りは、四輪独立懸架で、当時は先進の方式を採用、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(シャコタン)にした場合、後輪がハの字の形になりました。

幅広のタイヤをリヤフェンダーギリギリまで組んでいたものでした。「ツライチ」と言いますが、そのドレスアップの方法は今でも見かけます。ハコスカがその先駆けだったように思います。

ハコスカは、スカイライン2000GT登場後に、スカイライン2000GTRとして誕生したわけですが、なんとGTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着されていました。

2000GTRのエンジン性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速位からカン高い音になり、アクセルレスポンスは最高でしたね。この特徴こそが、当時のチューンアップを好む人々のハートをつかんで離さなかったんです。

あのエンジン音は、今でもはっきり耳の奥に聞こえてきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178130

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。