ハコスカ心臓部が後代GTRに

S20エンジンを搭載して挑んだレースにおいて、ほとんど敵なし状態となって、50勝という大偉業を達成してしまったのがハコスカGTRですね。

ですが純正ハコスカGTRの販売台数は極端に少なく、現在はGTR仕様という名のハコスカの方が多い位になってます。チューニングを好む人々はエンジンを載せ替え、さらなるパワーを絞りだすという方向に向かいました。

最もポピュラーなのは、GTやGTXに搭載の6気筒L型エンジンで、L型エンジンはシリンダーブロックの剛性がとても高く、チューニングなどのベースエンジンとして、とても高いポテンシャルを持っていて人気となったんですね。

L型エンジンは当初、セドリック専用に搭載されていたエンジンだったんですが、C10型の登場の2カ月後には、L20搭載の2000GTが登場。そしてL型エンジンは次々と排気量を大きくしたモデルが出てきます。

1969年にはL24型が登場し、海外輸出用にはL26型が出ました。
1975年には最大排気量のL28が誕生。この大排気量エンジンをさらにボアアップし3.1リッターへ改造する人たちも少なくありませんね。

今ではハコスカGTRへ、RB26エンジンを搭載しチューニングされる方もかなり多くいます。外見はハコスカでも、その心臓部は最新のエンジンを積んだGTRになってます。

チューニングと言葉では簡単に言っても、実際にやるのは至難の業なんです。エンジンに合ったトータル的なバランスを考えなくてはいけませんから、ちょっとやそっとでは、出来ないんです。

実際にコンプリートカーの値段は500万超のものも珍しくありません。そこまでこだわるというのは、ハコスカGTRがとても価値のある車という事なんでしょう。

ファンを魅了してやまないハコスカGTR、現在の車にはない不思議な魅力がそこにあるんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。