スカイライン人気はハコスカから

スカイラインクーペ、量産型の歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも、言われていますね。

1968年7月にデビューのハコスカは、発売当初は1500ccのセダンのみということでした。ですが、その2か月後には直列6気筒のL20型エンジンを搭載のハコスカ2000GTが出てきたんですね。

発売開始2か月で新エンジン搭載というのは、とても短い期間です。最初にハコスカ1500ccのセダンを購入された方たちは納得されたんでしょうか。日産に文句を言いに、駆け込まれた人たちも多かったようです。

翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加と、スカイラインはバリエーションをどんどん増やしていったんです。もう最初に購入された方々の複雑な心境は相当なものだったようです。

今となれば、初期型の方が価値が高くなることも、しばしばありますから、ハコスカを現在も所有されている方がおられれば鼻が高いかもですね。

そのようなハコスカシリーズで、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べ長いエンジンを搭載するため、ノーズを195mmも延長しているんですね。このことはセダンでもクーペでも変わらず、デザイン上でも、とても大きな差となっているんです。

あの当時は、ロングノーズスタイルは凄くレーシーであり、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証でしたね。

ハコスカ人気は神話化するほどの凄まじさで、益々高額になってます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。