箱型スカイライン ハコスカエンジン

箱型スカイラインハコスカ搭載エンジンは年式・グレードによりいろいろ有ります。

スカイライン2000GTに積まれていた縦長L20型のエンジンは日産製のエンジンで、ハコスカGTRに搭載されていたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車開発のエンジンだったんですね。

ハコスカは、日産とプリンス自動車の合併した後、最初の車両だったので、グレードによりハコスカに積まれたエンジンの種類が様々に混在しているんです。

名はスカイラインで、しかも同じ車種でもグレードが違うだけで、あれほど違う特徴があるのも分かります。

L型エンジンは、ハコスカチューニングの世界では知らない人はいない位の有名なエンジン。ちなみにL型エンジン名前の由来はというと、直列(Line)エンジンのLineの「L」頭文字からきているようです。

L型エンジンはスカイラインだけではなくて、SSS(スリーエス)で人気だったブルーバードU(ブルU)やフェアレディZ、セドリック・グロリア等日産車の数多くに搭載されました。

非常に剛性が高く、ポテンシャルがとても良いエンジンでチューンナップで、飛躍的にパワーアップすることが可能なんですね。

現在でもハコスカは現役バリバリでゼロヨンやレースで活躍しています。ハコスカの強心臓はまさに不朽の名機スーパーエンジンと言えるでしょう。

L型エンジンは、とにかく丈夫で長持ちまだまだいけます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178135

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。