三代目スカイライン ハコスカの秘話

3代目スカイラインハコスカが誕生したのは、昭和40年のことです。会社の上層部の間では日産とプリンスの合併話が進んでいる頃の事です。その時に現場では次期スカイラインの開発がどんどん進んでいたんですね。

日産自動車とプリンス自動車が合併した昭和41年位には、箱スカイラインの試作車が作られていたそうなんです。

当時のハコスカは、高速道路の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれたボディーデザインがとても新鮮でしたが、ハコスカは時速100km/hを超えると凄い風切り音がしました。音は別としてもエアロダイナルックの効果のほどはどうだったんでしょうか。

ハコスカ最初のモデルは、1500シリーズの発売で、プリンス系G15型のエンジンでわずか88馬力。88馬力といえば、S57型のモデル2台で砂浜をくるくる走り回って、エンジン出力の88の文字を描いていていくスカイラインのCMがあったのを思い出しました。

やはりユーザーからは88馬力のエンジンでは物足りないと言われ、そのことも影響があったのでしょうか、わずか2か月後にはL20型エンジン搭載のハコスカ2000GTシリーズが発売になったんですね。

これだけではハコスカのチューンアップが大好きな人達には、まだ満足感が足りなかったようです。こうしてL型のハコスカが誕生ですね。

ハコスカの誕生秘話はこれだけではないようです。皆さんも色々噂話をしあったのではないでしょうか。それも楽しみの一つでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。