ハコスカはオシャレなスカイライン

スカイラインが日本の名車と言われるようになった第一号のハコスカGTRは、昭和44年に発売になりました。

ちょっと前に発売された、幻の名車トヨタ2000GTを10馬力も超えた160馬力をたたき出したS20型エンジンを搭載し、4ドアで誕生しました。

その当時、トヨタ2000GTはヤマハとトヨタの共同開発をした、日本最初の高性能スポーツカーと言われていて、当時としては破格の238万円でした。今の価格に直すと1500万〜2000万にも相当する高額スポーツカーだったんです。

そのトヨタ2000GTより、さらにハイパワーだった。凄いですねスカイライン。そして国内カーレースで不動の地位を確立した、50勝の中の半分以上は、4ドアスカイラインGTRだったんです。

スカイラインは硬派なレース界で着実に実績を積み重ねていながら、テレビのCMでは「愛のスカイライン」としてアピール、豪快な走りに似合わぬ、斬新なCMで販売台数をのばしていったんです。

ハコスカだけの特別な話なんですが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲが付いてていたりと、かなりのこだわりがあったデザインでした。

昭和44年にはハコスカのグリルが3ピースから1ピースに、少し変化し、45年式には2ドアモデルが追加され、グリルは縦じまになった。こうみていくとハコスカのグリルがは、毎年着替えていてかなりオシャレな車だったようです。

高性能でお洒落な車、それがハコスカですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。