ハコスカをレストア

ハコスカといえば、もう30年も前に売られていた車ですから、乗る前にはレストアが必要になってきます。

レストアをすると言うことは簡単なことではなくて、ハコスカなども、とっくの昔にもう作られていない車。そのためレストアパーツもかなりのレアなものとなっているんですね。

レストアでは、ハコスカ1台の車を仕上げるために、数台のスカイラインの部品取りを行うことも珍しくありません。レストアする部品自体がもう手に入りにくいし、1台完成するまで数年かけ仕上げる方も少なくないんですね。

作業する場所、保管する場所、雨風をしのげる場所(ガレージなど)が必要ですし、整備書とか解体書も集めてと、とにかく時間とお金が多くかかってしまいます。

裕福な大人の趣味とも言われるくらいで、お金もあり、時間もあるという人向けなのかもしれませけどね。でもいくらお金があってもパーツが手に入る分けではありませんから、やはり時間をかけて仕上げるしか手はないんです。

※レストアとは「回復する」という意味。
ハコスカなど車関係は復活させるという意味になります。
事故車や壊れた所を直す修理とは違い、ビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元という意味合いで使われます。

気長にやるしかなさそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。