ハコスカのレストアは超過酷なり

現在あるハコスカの、ほとんどが一回くらいはレストアされた車両だと思いますが、今のハコスカのレストアは2つの方向性がでてきています。

@のレストア方法は、社外品、改造パーツなどは一切付けず、純正部品のオリジナル部分だけ生かし、純正車を作り上げていくという、かなり時間がかかってしまいますが、当時の車を完全に再現させるものです。

Aのレストア方法は、機能性、利便性を優先、レプリカ、復刻版の部品を利用し、レストアに他の車のパーツ、エンジンを流用し機能的にはレストア後に、現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるというものです。

賛否両論ありますが、どちらのレストア方法も、かなりの金額が必要になります。

たとえば、純正部品はフロントフェンダー1枚で8万円もします。左右で16万円、かなり高いですよね。純正部品もプレミア価格になってますから、レストアパーツを揃えるのは実に大変なことになります。

他の車のパーツを流用すればパーツ代金は安くても、工賃が高くなり、結局高額になってしまいます。そう簡単に付けることは出来ませんからね。

レストアはどちらもそれなりの高額な料金が必要。それでも、どんどんつぎ込んでしまう。ハコスカの魅力にはどうしても勝てないんですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。