消えるハコスカレストアパーツ

ハコスカなど旧車をレストア専門で行うショップがこの頃は増えてきたようです。

レストアは個人の力だけでは、どんどんパーツ集めも難しくなってきました。過ぎ去った時間の長さを表すものですね。自力で中古車を探してきて、レストアベースの車をショップに持って行きフルレストアされる方も意外と多くいます。

ショップにお願いすると、3ヵ月位の超スピードで仕上げてくれる場合も。レストアした後は外装も内装もピカピカ!エンジンルームもエンジンもピッカピカ信じられない位ほんとうに凄いんです。

どうしても手に入らないレストアパーツは、ワンオフで現在の車両に合わせて作るほかに手はないんですが、なんでも揃えてしまう。まさに専門店のネットワークの賜物なのでしょうか。

今でもエンジンのパーツ類に関してはチューニングメーカーでも開発しているようです。パワーアップの部品は、もうとてもたくさんありますね。チューニングパーツだけで新エンジンが出来上がってしまいそうです。

それとは対照的にハコスカのボディは需要と供給が全く合っていまいせん。メーカーも今からハコスカの部品を作ったら相当売れるんじゃないかと勝手に思ってますが。どうしてもコストが、合わないんでしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83178141

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。