ハコスカ44グリルの特徴とは

日産スカイラインシリーズのハコスカは、グリルが変わるだけで、色ん顔をみせます。

ハコスカへのこだわりも人により違い、グリルの趣味も千差万別ですよね。

今回は多くのグリルから、44グリルに関してです。昭和43年9月〜44年9月の間に生産されたモデルになります。ライト周りにレンズ風ガラスを入れている等、凝ったグリルです。

ウィンカーもメッキ縁取りがあって、形状はフラットになってますね。ライト枠、真ん中のグリルは多くのレプリカが出ていますので、入手しやすいほうだと思います。

フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあり、通称ヒゲと呼ばれているんですね。

ヒゲの部分に限っては、今は入手困難ですが、これが有か無いかでは、グリルの印象が凄く違います。これは形状が難しくチューニングショップでレプリカを作ってもコストが高くつきそうです。 

バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いて超カッコイイですね。

ところがGTRには付いていないんです、なぜなんでしょう?・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。