ハコスカの代名詞スカイラインGTR復活

待望のGTRが復活しましたね〜

あこがれの的ハコスカGTRシリーズ、
惜しまれながら10代目で終了してしまいましたよね。

後世代のスカイライン〜エンジンは直列6気筒であるRBエンジンに変わってしまいました。ハコスカから日産が大好きだった人々にとってはがっかりされた方も多いのではないでしょうか。
 
日産の代名詞ともいえるほどのスカイライン方向転を変えてしまい、残念に感じた方も多かったと思います。その後は大きめのボディと流行りの丸い形になってしまい最後の砦丸い形のテールランプも変更になりました。しかし形は違うもののGTRが復活すると言う大きなニュースが流されました。

400馬力以上もの大パワーをひっさげて登場するgtr待ちに待ったスカイラインGTRのなに恥じない内容ですからね。今度のGTRは国内販売専用車から、海外販売もされます!GTRはハコスカ時代から、最新技術を投入して発売される日産の顔です。今回のスカイラインは1000万前後にもなる高級車の仲間となりました。

いくら高級車になってもスカイラインGTRの走りはあくまでワイルドでスピード感にあふれた車になっています。
スカイラインファンにとっては嬉しいことになりますよね。
 

ハコスカそれはGTRできまり

ハコスカといえば、歴代のシリーズの中でも1968年〜1972年までの間販売されていたC10型のスカイラインのことですね。

その中でもGTRは1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定されて、スペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。最高速度200km/h。ゼロヨンは16秒という当時としては驚異的な性能を誇った。

GTRは他のグレードのハコスカと違い、大きくなったタイヤサイズに対応するため、リヤフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点です。これが凄くカッコ良かったんですね。

※(サーフィンライン:ボディー剛性を上げる為スプライン(折り目)を入れるのですが、そのスプラインをデザインしたも)

それと、ハコスカGTRは、ウィンドウシールド、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものではなかったんですね。リアの曇り止め用のプリント式熱線も付いてませんでした。

後は、モール類も装備されてなくてとにかく、余分なものを出来るだけ取り除き走りに徹底的にこだわったたんです。そして「スカイラインGTのレース仕様」それがGTRの特徴なんですね。

当時のハコスカGTRの価格は150万円。今日でも取引価格はそれを下回ることのない最も人気の旧車なんですね。

今でもたまに街で見かけることがありますが、とにかくカッコ良いです。

ハコスカGTRの変化を紹介

ハコスカGTRが1969年に誕生し、同月に「PC10型1800シリーズ」のハコスカが追加された。

このPC10型1800シリーズは、ローレルに先に行搭載のプリンス系直列4気筒OHC1800cc、G18型をハコスカに搭載したものになります。

※OHC:(オーバー・ヘッド・カムシャフト)

「スポーティS」という1800スポーティデラックスにGT装備を加えたグレードも設定されましたが、エンジンはシングルキャブのままだったんですね。

同じ年の10月にマイナーチェンジして、人気のスタイル、ハコスカ前期モデルの「ワンピースグリル」になった。

1年後には、ハコスカ後期が誕生しました。2ドアハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、2000GTシリーズ(KGC10型)に追加。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更されました。ハードトップはセダン対比でホイールベースを70mm短縮、運動性能がさらに向上した。

当時はハコスカが負ければニュースになると騒がれた、まさにGTRの黄金時代を築いた名車中の名車だったんです。50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」は、さらに有名になっていったんですね。

そしてハコスカ(箱型スカイライン)という通称も、すっかり定着。
憧れの車GTRは、若者の車人気を大きく後押した。

ハコスカGTR魅力とは

ニッサン箱型スカイライン2000GT・2000GTR。通称ハコスカGTRの名を聞いて即ピンとくる方はおそらく30代以上だと思いますが、その中でもGTRは別格でしょう。

心臓部には、ニッサン全盛期のL型エンジンを搭載車種、チューンアップを好む方々からは絶大な人気でした。
(L型エンジンは重量があったのが唯一の弱点?)

足回りは、四輪独立懸架で、当時は先進の方式を採用、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(シャコタン)にした場合、後輪がハの字の形になりました。

幅広のタイヤをリヤフェンダーギリギリまで組んでいたものでした。「ツライチ」と言いますが、そのドレスアップの方法は今でも見かけます。ハコスカがその先駆けだったように思います。

ハコスカは、スカイライン2000GT登場後に、スカイライン2000GTRとして誕生したわけですが、なんとGTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着されていました。

2000GTRのエンジン性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速位からカン高い音になり、アクセルレスポンスは最高でしたね。この特徴こそが、当時のチューンアップを好む人々のハートをつかんで離さなかったんです。

あのエンジン音は、今でもはっきり耳の奥に聞こえてきます。

ハコスカGTR人気のすごさ

ハコスカGTRは日本の一時代を築いた名車スカイラインですね。レースでの50勝の記録を打ち立てた、ニッサンスカイラインに今までどれくらいの人々が魅了され続けたんでしょう。

ハコスカ人々を魅了したスカイラインそれは3代目ですね。角ばったスタイル、ガンメタ塗装渋い!。

ハコスカの総販売台数は310,447台で、その内GTRはわずか1,945台。その少なさは、人気とは裏腹にとても少ない販売台数でした。たったこれだけの台数しか販売されていないにも関わらず、現在旧車と呼ばれる車の中でも、人気、知名度とも最もある車といえますね。

今日では、中古車相場も新車時の値段をはるかに超え、年々上がる傾向にありますすね。ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンもGTRのパーツを付け、GTR仕様としてチューンナップされる方も多いのが特徴。

なにしろ絶対的に販売台数が少ないですから、お金を積んでも中々買える代物ではありません。ハコスカファンの年代も20代〜70代以上の方までとても幅広く、万人を魅了してしまうスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だと思います。

この記事を見ている貴方はきっと、GTRの熱狂的なファンの1人でしょうね。古き良き時代を思い出します。

ハコスカ心臓部が後代GTRに

S20エンジンを搭載して挑んだレースにおいて、ほとんど敵なし状態となって、50勝という大偉業を達成してしまったのがハコスカGTRですね。

ですが純正ハコスカGTRの販売台数は極端に少なく、現在はGTR仕様という名のハコスカの方が多い位になってます。チューニングを好む人々はエンジンを載せ替え、さらなるパワーを絞りだすという方向に向かいました。

最もポピュラーなのは、GTやGTXに搭載の6気筒L型エンジンで、L型エンジンはシリンダーブロックの剛性がとても高く、チューニングなどのベースエンジンとして、とても高いポテンシャルを持っていて人気となったんですね。

L型エンジンは当初、セドリック専用に搭載されていたエンジンだったんですが、C10型の登場の2カ月後には、L20搭載の2000GTが登場。そしてL型エンジンは次々と排気量を大きくしたモデルが出てきます。

1969年にはL24型が登場し、海外輸出用にはL26型が出ました。
1975年には最大排気量のL28が誕生。この大排気量エンジンをさらにボアアップし3.1リッターへ改造する人たちも少なくありませんね。

今ではハコスカGTRへ、RB26エンジンを搭載しチューニングされる方もかなり多くいます。外見はハコスカでも、その心臓部は最新のエンジンを積んだGTRになってます。

チューニングと言葉では簡単に言っても、実際にやるのは至難の業なんです。エンジンに合ったトータル的なバランスを考えなくてはいけませんから、ちょっとやそっとでは、出来ないんです。

実際にコンプリートカーの値段は500万超のものも珍しくありません。そこまでこだわるというのは、ハコスカGTRがとても価値のある車という事なんでしょう。

ファンを魅了してやまないハコスカGTR、現在の車にはない不思議な魅力がそこにあるんですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。