ハコスカの次4代目ケンメリ誕生

1972年9月C110型にモデルチェンジ、ハコスカの次世代として誕生したのがケンメリスカイラインですね。

キャッチコピーのケンとメリーのスカイラインから通称ケンメリと呼んでいました。

ハコスカと比べて少々重量が増し重くなりましたが、ケンメリはバリエーションが増え「4ドアセダン」「2ドアハードトップ」「ワゴン」「バン」とかなり多くのモデルが出てきました。

ケンメリのセダンとハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンの2モデルがあって、エンジンの長さから、フロントノーズの長さホイールベースの長さが異なっていたんですね。

スカイラインの特徴でもあり伝統ともいえるサーフィンラインはシャープなデザインに新しくなったんです。

他にも特徴としては、2ドアハードトップは太いCピラーがとても印象にのこりました。ワゴンとバンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげたものでした。

ケンメリ搭載エンジンはG15型をボアアップし改良した直列4気筒、OHC1600ccのG16型、先代のハコスカから継続のOHC1800ccのG18型、それとおなじみL20型の3機種だったんですね。

発売当初ケンメリは先代エンジンと比べられ、遅いイメージが出来てしまいました。まあハコスカは凄いインパクトがありましたから、しかたがなかったのかも知れません。

ハコスカからケンメリその後の変化

ハコスカに比べ、重くなったケンメリスカイライン、それだけではなく足廻りにも違いがあったんですね。

6気筒モデルはフロント、リアどちらもハコスカと同じフロントストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式だったんですが、4気筒モデルのフロント側はセミストラット式、リア側はリーフリジット式で、ハコスカとは変更になっていました。

スカイラインはその後変化し、ハコスカ、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれた、一目見るだけで誰でもスカイラインとわかる大きなトレードマークとなった丸型4灯のテールライトですね。

丸型4灯は4ドアGTのモデル、2ドアのハードトップ全グレードに採用。

大きく浸透した丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が簡単に覚える特徴ですね。

V35スカイラインになって、スカイラインの象徴ともいえる丸型4灯が無くなった時は、ちょっと落ち込んみました。そうは言っても、光れば丸型なんですがね。

でもFUGAも同様の丸型になったので、ちょっとガッカリしました。

個人的には、今後出るスカイラインは是非、丸型4灯テールライトの復活を望みたいです。

ハコスカと違いケンメリは用途多数

ハコスカと違って、ケンメリスカイラインは、様々なことに使用されていたんです。4ドアセダンモデルは通称ヨンメリと呼ばれ1975年頃まで、1600ccにはLPGエンジンのタクシー仕様もありました。

他にも、ケンメリの代からは警らパトロールカーとして導入されていたんですね。エンジンはGT系と同じL20型だったんですが、装備の方は落とされていたので、パトロールカー専用設定のようです。

スカイラインは、今もパトカー仕様が続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが用いられています。R34に追いかけられたなら、もう降参ですよね。

ケンメリスカイラインは海外にも多く輸出され、海外ではダットサン240kという名で販売されていた。輸出仕様だったらなんでもダットサンといわれていました。今でいえばトヨタのレクサスみたいなものですかね。

華麗なハコスカ悲運なケンメリGTR

ケンメリ発売から、ハコスカGTRとよく比べられましたが、ようやく1973年1月、ケンメリにもGTRが登場となったんですね。

KPGC110型となって、ハードトップ仕様で2000GTRとなりました。

ケンとメリーのスカイラインは、ハコスカGTRと同型のS20型エンジンを搭載、専用ラジエーターグリルに前後ともオーバーフェンダー仕様。

リアスポイラーを装備、ケンメリの先代ハコスカの標準にはなかったラジオが標準装備になりました。

しかしながら、排気ガス規制の影響もあって、ケンメリGTRはたったの197台しか生産されませんでした。そしてその中で実際に販売されたのは195台で生産終了、レースにも一回も出ることはなかったんです。

このケンメリGTRは、生産台数がとても少ために、ユーザー間では幻のスカイラインGTRと言われとても有名な存在なんですね。

当然といえば当然なんですが、中古車市場では超高額で取引されています。

このときのケンメリGTRを境にして、後からのスカイラインシリーズは、R32スカイラインがでるまでGTRが出ることは、ありませんでした。

ケンメリGTRは、今どれだけ存在しているのでしょうね。
ハコスカGTRはたまに見かけますが、ケンメリGTRには、中々お目にかかれません。

ハコスカとケンメリのブームの違い

ケンメリGTRですがハコスカGTRと比べた場合、販売台数の少ない車種だったんですが、マイナーチェンジに限ってはけっこう多くしていました。

1975年5月にケンメリはマイナーチェンジをして、4気筒G16型、G18型に代わり、L16型、L18型が搭載されました。

1975年9月には、昭和50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用。L20E型を搭載するセダン、ハードトッ2000GTX・Eを追加。

1976年10月にはセダン、ハードトップの1600cc、1800cc、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSで昭和50年排気ガス規制に適合させることに成功。ケンメリは同時にマイナーチェンジし、フロントとリアのデザインを変更したんですね。その際ケンメリは一番下のグレードを1600DXにした。

1976年2月ごろにケンメリGTシリーズL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合。そして環境を考える時代に突入、ハコスカのようなハイパワー車はその後あまり出てこない状況になってしまいました。

ケンメリGTRは一度もレースに出ることはなかったんですが、その姿を見ることが出来ずとても寂しい思いがしました。

ハコスカと同じGTRの称号を持ったケンメリGTRは、時代の変化で活躍できなかったのは、GTRファンとしてとてはとても残念に思いました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。