スカイラインの販売台数をチェック

大量生産型のスカイラインクーペの歴史は3代目「ハコスカ」が販売され、そこから始まったといわれているようです。

伝説的な活躍をしたハコスカは総販売台数が310,447台で、この台数のはGTR(1,945台)も含まれた台数になっています。

この販売台数は10代目までのスカイラインの中で占める割合は10.4%にしかならないんですね。

次世代のケンメリは、販売台数670,562台でハコスカよりも2倍以上も多い。ただしケンメリGTRはわずか197台しか販売されてない。

数々の栄光を手にいれたハコスカでありますが、実販売台数は値段の影響もあり、人気の割にはあまり売れてない感じがします。

もっとも、さらに少ないのはR34スカイラインで、総販売台数は64,623台、そのうち、GTRは11,344台となってます。

スカイライン至上最高の出来といわれ、カルロス・ゴーン社長いわく日産のなかでも最高に好きな車といわせたR34も台数は伸びていないんです。

売れない原因はR34の販売価格が高かったのか、それとも世の中はエコの一辺倒の世界になってしまったんでしょうか。

スポーティーカーといわれるジャンルは、日産に限らずどのメーカーも苦戦していますね。

ハコスカ量産型モデルの進化は

スカイライン3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている量産型スカイラインクーペの歴史。

最新型のスカイラインも、もう12代目になります。

11代目からは、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプはなくなり、ヘッドライトも変わりました。

横長タイプから縦長タイプになりましたね。肩書はプレミアム・スポーツセダンですが、実際に受ける印象は高級セダンという感じですね。

エンジンもVQエンジンになりターボのモデルもなくなってしまい、今販売のスカイラインはスポーツカーとしてのイメージは、殆どなくなっています。

新世代スカイラインとして販売されているイメージは、結果として今までのハコスカファンを遠ざけているような気がしてなりません。

V35スカイラインが登場してからはユーザーの年齢も格段に上がっているように思います。そしてクラウンクラスの高級車になった感じですね。

これこそがスカイラインだということが、いまひとつ感じられないような・・・頑張れスカイライン。

ハコスカ オリジナルパーツ販売

ハコスカのパーツ類を自前で開発し販売するという技術の高いショップも、だんだん多くなってきています。

通販やオークション等で販売されているパーツは、純正品よりオリジナルで開発したパーツ、他車パーツを加工して販売しているものが多いですね。

オリジナルで開発されたハコスカパーツは、数多く揃っていて中々便利です。

それでもボディのパーツ類までなんでも揃っているわけではないんですが、純正部品よりはるかに安かったりします。

昔の純正パーツより、オリジナルパーツが安く売られているので、市場に業者が多く入ってきたのかもしれません。

出来るだけ良いオリジナルパーツが多く出てくれば、ハコスカも今後、長期にわたって活躍し続けることが出来、ハコスカオーナーにとってこれほどありがたい事はありませんね。

部品取りになっているハコスカも、是非復活してもらいたいものです。

ハコスカ極上車は超高額

スカイラインの中でもハコスカが中古車販売店で販売されている中で、今までに見た内で最も高価な値段で売られていたのは、1600万円もするKPGC10のハコスカGTRだったんです。

さすがにこの値段には驚きました。でも購入する方ってきっといるんでしょうね。 現在300万〜500万前後で販売されてるは、珍しくありませんが、1000万超のハコスカGTRは初めて見ましたね。

かなりの極上車でしたが、それだけの値段を付けているのなら、当然ですけどね。エキマニやチタンを使用していました。

フルレストアをし、販売されている旧車は、レストアしたショップが販売してる自社開発のパーツを付けているのが、まずほとんどのようです。

そういう事情もあって、どうしても文句が言えない部分が出てきてしまうのは、しかたのないところでしょうか。

現在のレストア専門店などは足廻りやマフラーのパーツを自社開発しているところが多く、お客さん好みのセッティングにしてくれるようです。

自分でベース車両を探して持っていき、お気に入りのショップでハコスカのレストアを頼み、自分好みに仕上げれたら、最高の贅沢ですよね。

ハコスカと大きく変化現スカイライン

販売中のスカイラインはハコスカの代名詞、スポーツカーの面影はなく高級セダンという感じですね。新型12代目スカイラインも先代と同様で、11代目のような形です。

スカイライン12代目は、ハコスカエンジン〜伝統の6気筒から変更、VQ型エンジンが搭載されましたが、11代目に搭載されたエンジンと比べかなりの改良が加えられ、80%もの内部機関の変更がされました。

新型で販売の3500ccモデルで315馬力改良エンジンは先代と比べ40馬力も大幅にアップしました。

ちょっと前に、販売の11代目を購入された方の気持ちは、かなり複雑だと思います。でも海外では高評価で、VQエンジンは米国のワーズ社ではベストエンジンを受賞しているんですね。

今まで販売されていたVQエンジンは13年間も連続受賞していたんです。13年間という長期の連続受賞は、かなり珍しいそうです。

改良で40馬力もアップさせることが出来るなんて、今までは・・・
と思ってしまいました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。