ハコスカの中古車専門店があったら

現在当然のことですが、ハコスカ中古車しか存在しない旧車ですよね。通常は中古車といえば、新車を購入したユーザーが次の車を購入する際、今まで乗っていた車をディーラーに買取ってもらうか、中古車業者に売却するわけです。

中古車業者やディーラーに買い取られた車は、整備され販売されたり、業者向けの中古車オークション市場に出される事がほとんどになります。

だいぶ前は、中古車の流通システムが整っていなく、ディーラーが自社で販売されなかった下取り車を、他の独立系中古車販売業者に受け渡す形式で流通していたんですね。

時代は変わり今は、オークション形式での、業者間での取引があちこちで行われたり、様々な形態のネットオークションなどが行われるようになり、「中古車買い取り専門店」やある特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども多く出てきました。

トヨタも買い取り専門店チェーンを展開し、「T−UP」を立ち上げ、メーカーやディーラーでも中古車に力をいれています。

日産もハコスカ中古車専門店とまでは行かなくても、スカイライン専門の中古店を立ち上げるなどしたら面白いかも知れませんね。

ハコスカの事故車が販売されてたら

二度買い?ハコスカを新車で購入した方の中には、一度は手放しても、綺麗な中古車で販売されてるのをみて中古車で買いなおした、なんて方も多いと聞きます。

若いときは、憧れのハコスカがほしくても高嶺の花だったが、年を重ねお金に余裕が出来た頃に大金を払ってハコスカを買う方もいますね。

ハコスカは、30年も前の車ですから、走行距離や多少の事故歴なんてのは、気にしていられませんよね。大きな事故車はちょっと・・・ってくらいですかね。

以前は、大きな事故を起こしたことを隠して販売していている業者がいて、乗り続けているうちに、事故による欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危ない中古車もありましたが、現在は厳しく規制されています。

ニコイチといわれる事故車2台を使い、事故の影響を受けてない部分をつなぎ1台を仕上げるという粗悪な中古車も・・・残りの台数が少ないハコスカとなると、そうまでしないと、もう手に入らないのかも知れません。

どうしても良品のハコスカが見つけられなかったら、その値段によってはニコイチでも大きな事故車でも購入してしまうかも・・・

中古車屋のハコスカ秘話

現段階では、中古車市場でのハコスカ価格は、プレミアが付き、手に入れるのは益々容易ではなくなっています。

手付かずのおんボロなハコスカだったら、50万以下で買えるかも知れませんが、中古車屋のずさんな管理で錆びだらけで、ちょっと力を入れて押しただけでペコっといってしまいそうなハコスカを見ると、レストアする気もおきません。

中古車屋の中には、古いハコスカが売れるとは思ってないという方もいるそうですからね。軽自動車とかファミリーカーを主に販売していて、ハコスカなんて見向きもしないような方がやっている中古車販売店ですね。

ただたんに雑誌等では、ハコスカは値段が高いので値札は高くしておこうというふうに考えているようです。中古車を販売してるなら希少価値もわかるはずと思ったら、そういう考えが無い方もいるようです。

何よりもハコスカといって我が家を改造し、ガレージまで作ってしまう人もいれば、なんだこのボロ車は、とかいう方もいるんですね。
 
物の価値は人それぞれ感じ方がちがいますからね・・・

古いハコスカだから良い

スカイラインのハコスカは、車大好き人間にとっては、名車中の名車という感じがあると思います。

ハコスカは30年以上も前の車ですから中古車でしか存在しませんが、きっとこの当時の時代のような名車を今の業界で、生むことは難しい環境になっているんでしょう。

古い車をレストアして、エンジンルームをピカピカにし、エンジンのパーツをメッキにするなど、ハコスカのL型エンジンがピッカピカになっているのを見ると思わずうっとりしますよね。

ハイテク車より、ハコスカのようにローテクでキャブレター仕様の車のほうが愛着の湧く楽しい車と言う印象があります。

車やさんから名車ハコスカのようなレア車を探しだすのは、だんだん難しくなって来てしまいましたが、中古車業界も大きな変化が出てきました。

大手の全国チェーン展開の会社がかなり出てきています。大企業ネットワーク店舗は、価格も統一されているし、中古車を買う楽しみの一つ、値段交渉など出来ないのは、少し寂しい感じがします。

逆を言えば「ぼったくらり」にあわなくてすむと言う良い面もあるのですが・・・

ハコスカの見る目を養う

スカイラインの中古車、特にハコスカを探すのであれば、かなりの手持ち資金がなければ、困難だと思われます。

せっかく気に入ったハコスカが見つかったとしても、資金が足りずお金の工面をしている間に、他のお客さんに買われてしまうことも予想されますからね。

これから中古車ショップでハコスカを買おうと思っている方も、いつかはハコスカを手に入れたいと思っている方も、今のうちから見る目を養っておきましょう。

まずは自分の目で、良い車、悪い車を見抜けるようでないといけませんからね。ハコスカ位の名車となると、極一般的な目利きでは到底太刀打ち出来ないと思います。

現在はネットで調べれば、なんでも見れますから、インターネット等を使い知識を身に付けておきましょう。

ネットオークションなどでも手に入る可能性がないこともないと思いますが、ハコスカはやはり実際に自分の目で見てから決めたいものですね。

いざ目の前にして、たじろがないように見る目を養っておくのは、非常に大切なことだと思います。

ハコスカ中古車の人気度

ハコスカファンは、10代〜70歳以上の方まで年齢を問わず多くの人達がいます。

どこで覚えたのか、これから大きくになって中古車店からハコスカを探して乗りたいという子供なんかも中にはいたりします。

こんなことを聞くと、ほんとにハコスカは人気が高いなと感心します。そんな子供世代がオジサンになる頃に、はたしてハコスカが中古車市場に存在しているのか心配になります。

パーツ自体、は中古車屋さんが自社開発して販売してくれているということもあって、だいぶ潤ってはきているんですが、車体はどうしようもありませんからね。

たとえレストア済みのハコスカだって、あちこちから寄せ集めて復活させるわけですから、実際問題としてその数は確実に減りつつあるんですね。

その中には1台レストアする為に、2台から3台もの車体から部品取りに使っているのかも知れないですよ。

フレームがなければレストアしたくても元がないですからあきらめざるを得ません。そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がおられましたなら、フレームを活用できるよう、手放しませんか・・・(半分冗談、半分本気) 

部品取りように、ガレージで眠っているハコスカを、走らせてあげましょう(笑)
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。