ハコスカ最終型グリル

ハコスカグリルが違うだけで、様々な感じに変身する、それがハコスカの長い間の人気が続いている秘密でしょうか。
グリルの好みも様々ハコスカへのこだわりもまた人によって違います。

今回はハコスカのグリルの中から、GTXのグリルを紹介いたします。GTXの追加でワイルドでゴージャスな感じで人気ですね。最終型GTRルックなハニカム、ピカピカのセンターグリルの組み合わせ、最高ですよね。

他のハコスカグリル同様このモデルのグリルも入手困難、レアものとなり、中々見つけづらいのですが、中古車屋パーツコーナーに転がっていたりして、驚かされることもあるんですね。
ハコスカ全盛当時は、みんながGTR仕様のグリルにしてましたから、そのせいもあってか、意外な所で見つかってしまうのかも知れませんね。

こっている方の中には、センターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルを取る方もいましたからねね。
そう考えると一番残ってるのは、鼻の穴のグリル部分だったりしてね。
バンパーは特に変更はなかったんですね。頻繁にマイナーチェンジをした日産、ところが年々コスト削減傾向が見えてしまうのが切実なところ。

だんだん利益優先になってくるんです。時代は常に変化し続けているので、仕方がないことかも知れませんけど、悲しいことでもありました。

渋いハコスカ46(ヨンロク)グリル

大人好みの渋めなのは、ハコスカ46(ヨンロク)グリルですね。
ハコスカはグリルが少し変わるだけで、様々な顔になります。
なんでもそうですが、好みもこだわりも違いますので、ハコスカのグリルの愛好家も色々ですね。

渋いハコスカ(ヨンロク)グリルは数あるグリルでも2番人気とも言われています。多くあるグリルから、2ドアモデルが発売。同時に変更になった46グリルは、通称46(ヨンロク)と呼ばれたグリルですが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたんですが、4ドアは黒一色になっていました。
 
このてのタイプのグリルは、GT用が入手困難のレア物で、現在ではかなり手に入れることが難しい。2ドアGTRもこのグリルをベースにしてデザインされているんですね。GTR用のグリルは他のものより比較的手に入りやすいと言われています。縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したり等してGTR仕様にドレスアップするのがはやりました。
バンパーは、オーバーライダーが廃止になりました。

僕は渋めのハコスカ46(ヨンロク)グリルが大好きですね。
皆さんの好みはどのタイプですか?。 

貴方のハコスカグリルその顔は

ハコスカに限らずですけどグリルの違いで車の顔の表情ってたくさんあります。

車は人によって、好みも全く違いますから、気に入ったグリルが付いていると、そのことでまた特別に愛着がわくんですね。

多くはハコスカをGTR仕様にするのが定番となり、オリジナルの顔をしているハコスカは、かなり少なくなりました。

でも、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違う表情をしていてかなり面白いです。長年経っている車ですから、大切にしてもらっているハコスカと、荒っぽく扱われかたをしたハコスカでは表情が違って見えるんですね。

たとえば、各パーツの微妙な隙間、グリルの取り付け位置などです。まあボディーそのものの狂い等が原因ですけどね。そうだとしても日頃のメンテナンスの違いで旧い車はすぐに違いが出てしまいます。

ベテランの板金の職人さんは、顔を一目見ただけで車の状態をズバリ言い当てたりします。車の良し悪しもグリルに現れるんですね。

ハコスカ44グリルの特徴とは

日産スカイラインシリーズのハコスカは、グリルが変わるだけで、色ん顔をみせます。

ハコスカへのこだわりも人により違い、グリルの趣味も千差万別ですよね。

今回は多くのグリルから、44グリルに関してです。昭和43年9月〜44年9月の間に生産されたモデルになります。ライト周りにレンズ風ガラスを入れている等、凝ったグリルです。

ウィンカーもメッキ縁取りがあって、形状はフラットになってますね。ライト枠、真ん中のグリルは多くのレプリカが出ていますので、入手しやすいほうだと思います。

フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあり、通称ヒゲと呼ばれているんですね。

ヒゲの部分に限っては、今は入手困難ですが、これが有か無いかでは、グリルの印象が凄く違います。これは形状が難しくチューニングショップでレプリカを作ってもコストが高くつきそうです。 

バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いて超カッコイイですね。

ところがGTRには付いていないんです、なぜなんでしょう?・・・

ハコスカ45グリルは一番人気

スカイラインのハコスカ
グリルが変わっただけで、
いろんな顔に変身。

人には好みがありハコスカへの
こだわりもずいぶん違います。

そしてグリルの趣味も色々ですね。

多くあるグリルの中から、
一番人気と言われる45グリルに関しては、
天才バカボンのホンカンさんみたいな感じで
面白いなとおもってました。

今はレプリカが出てますが、高価ですので、
同じ年代の1500ccや1800ccのグリルを
流用する方もいるようです。

しかしそれだと、真中にあるNマークが違うんです。

最近はそこにこだわりを持つ方のために、
Nマークのみのレプリカが発売されたんですよ。

バンパーはオーバーラインのメッキ縁取りがとれ、
ちょっと膨らんだ形になったんです。

残念ですが、こだわりを感じさせるヒゲのモールは、
廃止になってしまいました。

あのヒゲモールはコストが相当かかったんでしょう。

スカイラインのハコスカファンのこだわりは
まだまだ続く・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。